顎関節症にお悩みの方はご相談ください

顎関節症

顎関節症ってどんな病気?

顎関節症ってどんな病気?

顎関節症とは、顎の関節やその周りの筋肉などに起きるさまざまな症状の総称です。代表的な症状に「顎が痛い」「口の開け閉めで音がする」「口が開けにくい」などがあり、そのほかにも口の周りだけでなく、頭痛や肩こり、腰痛、耳鳴りやめまいなど、全身のあちこちに影響します。

原因には、噛み合わせや関節およびその周りの筋肉の状態、生活習慣、全身の状態、ストレス、先天性のものなど、さまざまあり、どんな原因であっても、個人の持つ耐久力の差によって症状は異なります。まずはお気軽にご相談ください。

顎関節に症状が出やすいワケ

全身のあちこちに関節がある中で、どうして顎関節に症状が出やすいのでしょうか?

全身のあちこちに関節がある中で、どうして顎関節に症状が出やすいのでしょうか?

顎関節は、一つの顎の骨の両端についています。下顎以外の関節はその骨を動かすのに一つの関節で動くのに対し、下あごは一つの骨に左右二つの関節が存在し、各々が動くことでさまざまな動きができるようになっています。また、関節の中で回転して動くだけでなく、大きく動かすために前方に移動したりと、複雑に動くため、症状が出やすいのです。

顎関節に症状が出やすいワケ

顎関節に症状が出やすいワケ

顎関節は奥歯の噛み合わせの有無や噛んでいる状態によって、顎関節に負担がかかります。また顎関節は必ずしも左右対称には動かず、そのため、顎の骨の動きのバランスが崩れることによって、関節部分に炎症を起こすなどの症状が生まれてしまうのです。

顎関節に症状が出やすいワケ

顎関節に症状が出やすいワケ

また一旦症状が改善されても、積み重なった原因因子まではなくならないため、再発しやすい病気とも言えるでしょう。

顎関節症治療も当院におまかせください

もともと顎関節症は、噛み合わせが原因になっていることが多い病気なので、歯科医院で治療するのが適切です。顎関節症の症状に一つでも当てはまる方、また治療についての疑問などがあれば、いつでもお気軽におたずねください。

治療の流れ

STEP1: 診査
まずは問診にて、噛み合わせや顎関節の動きなどの診査、またレントゲン撮影などを行い、お口の中の状態を確認します。

STEP2: 診断
検査結果をもとに、症状の原因を把握します。そのうえで適した治療法を選択し、その内容を患者様に丁寧にご説明します。

STEP3: 急な症状の改善・生活習慣指導
急な症状がある場合には、一時的に痛み止めなどを用いて症状をおさえます。その後、顎関節に良くないクセを直すなど、生活習慣を見直すための指導を行います。

STEP4: 治療
お口の中に明らかな原因が見られた場合には、その部分の治療を行います。
  • 噛み合わせの不良が1~2ヶ所の場合⇒噛み合わせの調整
  • 入れ歯が合わない、入れ歯がないことで顎に負担がある場合⇒入れ歯の調節
  • 顎全体に問題がある場合⇒スプリント(マウスピース)を装着し、改善を図る
  • 長期的な噛み合わせ治療が必要な場合⇒治療内容をご説明し、長期治療に入る

顎関節治療の装置~スプリント~

顎関節治療の装置~スプリント~

顎関節症の症状として、音がするだけ、また軽い痛みがある程度の方には、鎮痛剤の処方などの簡単な治療を行います。症状がひどく、顎全体に問題が見られる場合には「スプリント」を用いた治療を行います。

スプリントは、顎関節治療専用のマウスピース装置です。スプリントは顎を正しい位置(安静位)に調整させる作用があり、装着することで顎の筋肉を最もリラックスできる位置に誘導します。